マーベロン(Marvelon)使用体験談

避妊用ピル NAVI

マーベロン(Marvelon)使用体験談

低用量ピルには一相性、二相性、三相性の三種類があり、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの割合によってわけられています。
低用量ピルマーベロン(Marvelon)はこのうちの一相性になります。
一相性のピルは中でも比較的使いやすく、生理周期などコントロールしやすいと言われています。

マーベロンは第三世代のピルともいわれ、副作用が少ないとされるもののやはり個人差もあり、副作用が出る場合もあります。
頭痛に悩まされる人やうつ状態になってしまう人など、症状は様々です。
しかしながら、飲み続けていくうちにこのような副作用が軽減されることが多いのも事実です。

21錠と28錠のタイプがあり、28錠のものは飲み忘れ防止用です。
2日以上飲み忘れたときは、一旦服用を止めて次の生理開始から始めます。
マーベロンは生理周期をコントロールすることができるので、例えば遅らせたい場合は休薬期間をおかずに新しいシートを服用、早めたい場合はそう思った時に服用を止めれば良いのです。
こうした低用量ピルは避妊薬としても有効ですが、PMS(月経前症候群)の辛い症状を緩和したり生理前に吹き出物が出にくくなったりという副効果も期待出来る薬です。
とはいえ、初めて使用する場合hやはり少々不安を感じてしまいます。

医師の処方を受けて指示を守ることはもちろんですが、実際に使用している・あるいは使用していた方の体験談というのも非常に参考になります。
いくつかご紹介すると、ある方はご自分が以前診察を受けたことのある婦人科へ行き、問診などを受けた上で先生から説明を受け、内診などの煩わしさもなくすんなりとピルを受け取ることができたそうです。
敷居が高いイメージですが、相談に乗ってもらいながら安心して処方してくれる点はとても心強いですね。
またある方は、使用後に初期のつわりのような吐き気を覚えたそうです。
食事をとればおさまり、朝だけという軽いものでしたが、一ヶ月ほどで感じなくなったそうです。
2~3ヶ月後には肌の調子も良くなったそうです。
服用をやめるとすぐにまた排卵が始まり、元の周期に戻ったとのことです。
種類もいくつか試した結果、大きな変化はなかったようです。
こうした体験談を参考にしつつ、医師に相談した上で用法・用量を守り、副作用や副反応には注意しましょう。